「焼き鳥は愛情や」と教える

僕の元に焼き鳥の修業に来る人には

まずは「焼き鳥は愛情や」と教えている。

いくら良い食材を使っていても、作る側に

心がこもっていないと美味しく感じられないのである。

技術だけを学んで、上辺だけで焼き方が上手くできても

そこに愛情、心が入っていないと台無しや。

だから、僕の元に修行に来た人には「愛情」という言葉を多く使います。

「料理は愛情、焼き鳥は愛情」

覚えておいて下さいね。

⇒焼き鳥屋開業アドバイザーが教える焼き鳥屋で失敗しにくい開業法

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です