鶏の胸肉の低温調理で作るハム

鶏の胸肉には、タンパク質が豊富に含まれている。

そしてカロリーも低いので、どんどん食べるべきです。

そこで、鶏の胸肉をハムにしてみましょう。

家に真空パックの機械があればいいのだけど無くてもできるので安心して下さい

まずは、胸肉を袋に入れて

水 100MI、塩 5g、砂糖 5gを入れてもみ込み30分くらい置く。

30分くらい置いたら、袋から取り出して水気をきり

別の袋を用意して、中の空気をを抜きながら結ぶ。

そして、お湯を沸騰させておいて火を止める。

そこに袋に入れておいた胸肉をお湯の中につける。

鍋にふたをして、30分くらい放置しておく。

その後、胸肉をひっくり返して30分くらい置く。

冷めたら、袋から取り出して完成です。

そのまま食べていいし、野菜と一緒にサラダで食べてもいい。

きゅうりと和えて、ポン酢で食べてもあっさりしていい。

※胸肉が大きくて切った時に中が生だった場合は少しレンジで熱を入れましょう

 

鶏のモモ肉のカロリー

鶏のモモ肉の場合は、皮を取り除いては食べて下さい。

皮を取ることでカロリーはかなり低くなります。

モモ肉皮なしのカロリーは、100g 116Kalです。

意外とカロリーは低いのです。

モモ肉の調理法としては、油で炒めるよりもグリルで焼くとか

ゆでる方がカロリーは高くならない。

油の場合は、だいたい12gで111Kalなので気をつけて下さい。

腕立て伏せをしよう

ダイエットに欠かせないのが筋トレです。

筋肉をつければ、脂肪燃焼しやすくなるのでやるべきです。

前回の記事でボクシングの練習の後腕立て伏せを10回やりましょう

と言いましたね。

10回に慣れてきたら、15回とか20回という風に増やしていきましょう。

あまり、重いバーベルなどを上げたりする必要はないです。

息を止めずに呼吸をしながら腕立て伏せをやって下さい。

腕立て伏せの場合は、体を下す時に息を吸います。

上げるときに息を吐きます。

ボクサーの場合は速くスピードで腕立てをするのですが

ダイエットする場合は、普通のスピードよりも少し遅くやりましょう。

この時は呼吸の仕方が大事なので意識して腕立て伏せをやって下さい。

あくまでも、無理なく出来る回数で継続して下さい。

毎日少しずつ続けていくうちに、ジョジョにだけど筋肉がついてきます。

あまり筋肉がつきすぎてもイヤだと思いますので、苦しくない程度にやりましょう。

 

ボクシングの練習を始めましょう。

ボクシングは非常にダイエットにいいし護身にも最適です。

そこで、まずは準備運動から始めて、ストレッチをして下さい。

そして、縄跳びから始めましょう。

縄跳びは、足で踏んで伸ばしてみて、持ち手が腰のあたりにくるくらいの

長さにあわせましょう。

そして、腕を回さずに手首だけを回す感じで跳んでください。

ボクサーのようにリズミカルに跳べればいいけど、あまり意識しないで

ピョンピョンと普通に跳べればOKです。

3分1ラウンドとして2ラウンドくらいを軽く跳びましょう。

ボクシングのように、1分休憩を入れながらやりましょう。

その後は、シャドーボクシングです。

シャドーボクシングをするには、まずはボクシングの構えから

覚えないといけません。

ここでは、ボクシングを教えるわけではないので、見よう見まねでいいので

構えてみましょう。

右利きなら、左の腕を前に出して右はアゴのあたりにおいておきましょう。

まずはジャブからです。

前に出ている左の拳を前に出してパンチを打って下さい。

そして戻すというのを繰り返して下さい。

ゆっくりでいいので、やってみて下さい。

ジャブを2ラウンドやって、次はワンツーです。

あまりかっこうは気にせず、とにかくパンチを打ってみましょう。

この時に、手だけで打つのではなくて、ゆっくりと腰まで回して

パンチを打つことです。

腰の周りを意識してパンチを打たないと意味がないのです。

ワンツーを3ラウンドというようにやって下さい。

ラウンドは少しずつでも増やして下さい。

これが終われば、腕立て伏せ10回、腹筋10回でもいいのでやりましょう。

筋肉をつけると、脂肪燃焼しやすくなるのでやって下さい。

出来るようになれば、少し回数を増やしてもいいですよ。

あまりしんどいことをやり過ぎると、やりたくなくなるので

継続できる程度でやりましょう。

とにかく、楽しく継続することが大事です。

 

 

ボクシングでダイエット

ボクシングは、ダイエットには最適です。

ボクシングジムでも、今ではプロの選手以外にダイエットコースというのもある。

ボクシングでダイエットする場合は、あまりきつい練習は避けた方がいい。

きつい練習してバテバテになり汗をかいても練習後は体重が落ちるが

その後、お水を飲んだり食べたりしたらすぐに元に戻る。

ボクサーのように水を断ち、食を削るようなことをすれば

リバウンドが待っている。

リバウンドしてしまっては意味がないので、あまりきつすぎる練習はしてはいけない。

ゆっくりとパンチを出し、パンチを打つときは腰をしっかり回して打つ。

腰をしっかりと回すことで、腰回りのぜい肉が取れてスッキリします。

これから、パンチの打ち方の練習をしながらダイエットしていきましょう。

 

鶏の胸肉(皮なし)

鶏胸肉皮無し (若鶏のむね肉皮なし)

鶏胸肉皮無しのカロリー 100g 108kcal 

若鶏の胸肉から皮を取り除いたもの。

栄養成分はササミに匹敵する高たんぱく低脂肪でダイエットに適しています。

鶏の胸肉は、疲れがとれるのでいいというのをよく聞きます。

今までは、胸肉はパサついて美味しくないというイメージが強かったが

今では、コンビニのサラダチキンという胸肉を使った料理が人気だ。

ダイエットには欠かせない食材になりましたね。

何かと、美味しい調理法を考えて作ってみましょう。

鶏の肝のカロリー

鶏の肝臓

鶏の肝のカロリーは100gで111Kcalあります。

ささみに比べると少々カロリーは高い。

たんぱく質が多く18.9g、脂質が3.1g、炭水化物が0.6gとなっており、ビタミンAとビタミンB12の成分が高い。

たれ焼きが旨いけど、たれをつけることでカロリーが

増えるので塩焼きで食べることをおすすめします。

 

ささみのカロリー

ささみは胸肉付近の部位になります。

脂肪分が少なくて低カロリーです。

100gのカロリーは105Kcal

※この串くらいなら、カロリーは約45Kcal

ささみは高たんぱく低カロリーということでダイエットしている人や

筋肉をつけたい人が多く食べるといいです。

ささみは、脂質3.06Kcalで炭水化物は0Kcal

牛肉や豚肉でいうとヒレ肉の部分です。

かっぱ(やげん)なんこつのカロリー

かっぱ(やげん)なんこつは、鶏の胸骨の軟骨部分。

カロリーは100g 54Kcal

※このように身が多くついているなんこつの場合は身を切り落として使えばカロリーを抑えることができます。

かっぱなんこつは、二本のささみに挟まれている骨です。

栄養成分は、牛のサーロインと同じくらいののたんぱく質が含まれている。

脂質・炭水化物がほとんどなく低カロリーでダイエットには非常に適している。

たんぱく質はほとんどがコラーゲンなどの肉基質タンパク。

調理方法は色々ありますが、網の上で焼くのが一番いいでしょうね。

焼き鳥アドバイザーから一言

こんにちは、焼き鳥アドバイザーの前田と申します。

現在は、大阪の高槻というところで「まごころ焼き鳥 まことや」

運営しております。

若い頃、ボクシング経験がありボクシングトレーナー経験もあります。

そんな経験を活かして、ダイエットに苦しむ人たちに焼き鳥とボクシングを

通じてダイエットの協力をしていこうと思っています。

焼き鳥は、高たんぱくで低カロリーな食べ物です。

部位によっては、カロリーが高いものもありますが

ささみ、胸肉などは世間でもよく知られている食材です。

そこにボクシングを取り入れてダイエットのお手伝いが

出来れば嬉しく思います。

食事制限や、無理な運動は逆に身体の負担になってしまい

一時的に痩せたとしても、すぐにリバウンドしてしまいます。

リバウンドしてしまっては意味がありません。

だから、根本的に体質を改善していかなければいけません。

そのために、鶏は欠かせないものです。

無理なく体質を改善して、痩せて健康な体を作って下さい。

自分自身も、今までの経験とこれからもっと勉強をして

あなたのダイエットのサポートをさせて頂きます。

これから、楽しんでダイエットしていきましょう。