素人が飲食業で成功するなら、どんな商売がいいのか?

カレー屋で加盟金が安いフランチャイズで独立・開業するならどこがいいのか探していた。

40歳超えて、若い頃からやりたかったカレ―屋をやろうと決めた。

若い頃は、結婚して子供ができたりしてなかなかできなかった。

現在は、子供も一人立ちして金銭的しも時間的にも余裕ができた。

そこで、妻に相談して僕の若い頃からの夢だったカレー屋をやろうと思ったんです。

しかし、初めての商売で、何から始めていいのかわからない……

これまでたくさんのカレーを食べてきたけど、どんなカレーを提供すればいいのかわからない。

わからないことだらけで、どうしよう。

そこで妻が言った言葉が「フランチャイズで開業してみたらどうなの?」ということだった。

そうか、フランチャイズなら安心だ。

そこで、低予算でできるフランチャイズのカレー屋さんを探して見た。

フランチャイズ 淡路島カレー

フランチャイズのカレー屋さんを探していたら、3件のカレー屋さんが見つかった。

それが、淡路島カレーと、日乃屋カレーと、潜水艦カレーだ。

ネーミング的には淡路島カレーが気にいった。

まずは、開業資金から調べてみたら、淡路島カレーが95万円、日乃屋カレーが150万円、潜水艦カレーが151万円

淡路島カレーが一番安い。

淡路島カレーをじっくり見てみよう。

開業資金が、95万円そしてロイヤリティが0円‼利益率が30%とは凄い‼これを見た瞬間に決めようと思ったが

他も調べてみようと日乃屋カレーも調べてみると、開業資金が150万円、ロイヤリティが月固定で35000円

潜水艦カレーは、開業資金151万円、ロイヤリティの部分が商標使用料金ロイヤリティと書いてあり月固定で3万円だった。

こう見てみると、淡路島カレーがいいかなと思いましたね。

淡路島カレーってどんな味?

淡路島カレーの素材と味について調べてみよう思い、じっくり見ていた。

淡路島産プレミアム玉ねぎが入っている。そうだな淡路島といえば玉ねぎが甘くて美味いな

その他、フルーティーな甘さと香りを出すため、バナナ、マンゴー、パパイヤなど9種類のフルーツを使用しているらしい。

セロリ、キャベツなどの香味野菜もたっぷり入っていて、ジャガイモは裏ごしを使用している。

厳選した唐辛子と16種類のスパイスを使い、ブレンドの順番や配合にもこだわっているようだ。

「甘み・コク・辛さ」と3段階に変わる深い味わい・・・細部までのこだわりが、また食べたくなる理由の一つだと書いてある。

これ、おいしそうだな。

淡路島カレーのホームページでメニューを見てみた

淡路島カレーのホームページでメニューを見てみると非常に美味そうなメニューが多い。

淡路島スタウトポークカレー

淡路島ビーンズカレー

 淡路島スタウト ポークビーンズカレー

淡路島プレーンカレー

 淡路島焼きチーズカレー

コロッケ 淡路島コロッケカレー

淡路島オムカレー

 淡路島牡蠣フライカレー

 淡路島チキンレッグカレー

淡路島バターチキンカレー

淡路島クリームコロッケカレー

 淡路島モルトチキンカレー

淡路島ムルギカレー

淡路島季節の野菜カレー

淡路島カレーリゾット

淡路島混ぜカレー

淡路島具沢山カレーパスタ

淡路島焼きカレー

淡路島具沢山焼きカレー

淡路島スーパー焼きカレー

淡路島カレーつけうどん

淡路島カリーナ

 淡路島カレーフォンデュ

淡路島カレー鍋

 屋久島スープカレー

不知火カレー 淡路島カレー×ノア 丸藤正道選手 

などなど、たくさんメニューがあることに驚かされた!

メニューが豊富で本当に美味そうだ。

まずは、ここで資料請求してみることにした。

【BMフランチャイズ】